“コンバージョンを獲得”するための“ノウハウが詰まった”ブログ

BLOG TOP > 担当者必見!サイト運用に使える無料Googleツール5選

担当者必見!サイト運用に使える無料Googleツール5選

2014/3/19

Webサイト運用に欠かせない各種ツール。でも、有料ツールばかりを入れて使うのは予算的にも厳しいですし、できるだけシンプルに使えるものを選びたいですよね。
そこで今回はサイト運用時に使える無料のGoogleツールをご紹介します。

1.Google Analytics

googleanalytics

 

豊富なレポート機能を活用してサイトのデータを分析できるツールです。

サイトに関心が高いユーザーの数やコンバージョンはもちろん、サイト上でのユーザーの行動を追えるのが特長です。

「フローレポート」ではユーザーが辿った経路を解析でき、「ページ解析」ではユーザーがページ内で行った操作を視覚的に分析できます。

これらのデータを活用して施策に落とし込むことで、リピート率向上につながる仕掛けを探れるでしょう。

 

2.Googleトレンド

googletrend

 

Google検索されているホットワードをチェックできるツールです。

調べたいワードを検索窓に入力すると、折れ線グラフや地図で人気動向を表示してくれます。関連キーワードも併せてチェックできるのがポイントです。

トレンドワードをすばやく確認したいときには「急上昇中」や「ランキング」を覗いてみましょう。今サイトに必要なキーワードが見えてくるはずです。

 

3.Googleドライブ

googledrive

 

文書やスプレッドシート、プレゼンテーション作成やチーム内での共同編集ができるツールです。

内容を変更すると自動的にドライブに保存されるので使い勝手がよいです。

配信コンテンツそのものを管理したり、配信日や担当者などをまとめたスケジュール表などを置いておくこともできます。

ドライブ内に保存したデータはGoogleアカウントさえあれば、複数のパソコンやタブレットなど、あらゆるブラウザからアクセス可能です。

「●●さんのローカルフォルダ内に明日配信のコンテンツが入っていて取り出せない」なんてトラブルも回避できます。

 

4.Googleウェブマスターツール

googlewebmastertool

 

Googleのクロール状況や検索評価、インデックス数、被リンク数の確認、HTML改善などに役立つツールです。

訪問者からの評価がわかるGoogleアナリティクスに対し、Googleからの評価がわかるのがウェブマスターツールなので、混同しないようにしましょう。

サイトURLを追加するだけで使い始めることができる他、アナリティクスと連携させて使うと、より高度なアクセス解析が可能です。この他にもウェブマスターツールを使うと、Googleからの重要な通知を受け取ることもできて便利です。

Googleのガイドラインを正しく守っているか、守っていない場合に何を直せばいいのかなどがわかるので、必ず入れておきたいものです。

 

5.Googleグループ

googlegroup

 

チーム間のやりとりをメーリングリストのような形式で保存できるツールです。

グループごとに決められた特定のメールアドレスにメールを送るとグループ全員に届きます。

サイト上でグループウェアのような形でメールを閲覧することもできます。

各トピックにはタグを付けて整理できるので、タグ別にトピックを検索したり、絞り込んだりすることも可能です。

 

無料ツールの中にもサイト運用をする上で役立つものは数多くあります。まずは、ご自身の課題を洗い出し、それらを解決してくれるツールを探してみてください。

 

 

 

関連セミナー

自社サイトの効果を最大限に!Webマーケティングセミナー
「ユーザーオリエンテッドなサイト構築で、今すぐコンバージョンアップを実現」

開催日時: 2014年4月17日(木)16:00 ~ 18:00(開場15:30より)
開催場所: AP西新宿
東京都新宿区西新宿7-2-4 新宿喜楓ビル5F
http://www.ap-nishishinjuku.com/info/access.html

2014年4月17日(木)に、データアーティスト株式会社との共同セミナーを開催します。

BtoB事業を中心にWEBの効果を最大に引き出す取り組みを行っているクロス・コミュニケーションと、データドリブンなLPOの改善実績とノウハウを有するデータアーティストが、「ユーザーが本当に求めるサイトを知る方法」と、「サイト構築をする際の重要なポイント」をご紹介します。

詳しくはこちら
関連製品

サイト運用支援サービス

各企業の持つ人的資源を本業であるコア業務へ集中させることが必要視されている昨今、サイトの運用や更新業務などにおいても自社の人材で運用するのではなく、専門業者へ委託するアウトソーシングへのニーズが高まっております。
そこで大手クライアントを中心に、多くのサイト運用実績を持ち、Webからの収益や成果を最大化させてきたクロス・コミュニケーションが、その専門家としてのノウハウを活かし業務の一部を委託していただくことで、企業のWebに関わるあらゆる業務の効率化や高品質化が実現できるサービスを開始しました。

詳しくはこちら

Facebook Comment

Page Top