“コンバージョンを獲得”するための“ノウハウが詰まった”ブログ

BLOG TOP > 信頼度を高めてコンバージョン率をアップさせる5つの方法

信頼度を高めてコンバージョン率をアップさせる5つの方法

2013/7/30

サイトのコンバージョン率を高めるには、サイト訪問者のサイトへの信頼度を高めることにつきる。これは実店舗が訪問者の購買率を上げるために、接客の質やディスプレイを工夫することと似ている。

ではサイトの信頼度を高めるには、具体的にどうすればいいのだろうか? 数ある方法の中から、効果測定が高そうなものを以下に5つ紹介しよう。

1.サイト利用者やクライントのロゴをのせる

以下のように、サイトの利用者やクライントのロゴを載せることで、サイト訪問者の信頼を高めることができる。よって、コンバージョン率も高くなる。

2013073002_1

2.ライブチャットを導入する

海外のECサイトには、ライブチャット導入により、コンバージョン率を17%、20%、211%上げた事例がある。ライブチャットをすることで、サイト訪問者とのコミュニケーションを増やし、信頼関係を高めることができる。

しかし、注意していただきたいのは、ライブチャットは人件費の増加を考えると、全てのサイトにあったコンバージョン率アップの施策ではないということ。

資生堂や高島屋のECサイトをプロデュースしているネットコンシェルジェの尼口友厚氏は、日本でも最近は資生堂「ワタシプラス」や、IPSAなどに見られるように、カウンセリング販売を目的としたコスメ業界での導入が進んできており、LTV(顧客生涯価値)が高いECサイトならライブチャットの導入を検討しても良いと考える。

 

3.サイトのメインコピーを変える
CityCliqはメインコピーを変更したことで、コンバージョン率を90%アップさせることに成功した。

2013073002_2

 

4.ケーススタディーやEbookを無料で提供する

Diteba Research Laboratoriesというサイトのコンバージョン率(この場合顧客のメールアドレス獲得)は、0.5%しかなく毎月コンバージョン率が低くなっていた。しかし、ケーススタディーやEbookを提供しはじめると、コンバージョン率が300%アップした。

いきなり訪問者に何かを要求するよりも、まずは無料で価値のあるコンテンツを提供し、メールマーケティングをしながら、長期的に信頼関係を構築していくことで、コンバージョン率が高まる。

 

5.コンバージョン率が高いサイト流入元のトラフィックを増やす

Quanticateは、サイト流入元で最もコンバージョン率が高かったLinkedIn(1%)経由の、トラフィックを増やすために、LinkedInグループやAnswers(現在はなくなったQ&A機能)で投稿を積極的に行った。

結果、LikedInからのトラフィックが10倍増え、コンバージョン数も10倍に増えた。

 

6.Google Site Searchを導入する

Waterfilters.netはGoogle Site Searchを導入して、コンバージョン率を11%アップさせた。

Google Site Searchとは、サイト内検索をスムーズにすることを補助するツール。

 

これをサイトに導入することで、サイト訪問者は効率良く、サイト内のテキストをキーワード検索することができるため、サイトへの満足度や信頼度が高まる。

日本のサイトだと「すぐ使えるCGI」のGoole Site Search導入事例が参考になる(下画像)。

2013073002_3

 

Google Site Searchの料金は、年間$100からと少し高めだが、似たようなツールで、Googleカスタム検索という無料ツールもある。こちらは、Google Site Searchのように細く検索条件をカスタマイズできない。また、検索結果画面で広告も表示される。

Facebook Comment

Page Top