お知らせ

2016/5/26(木)にセミナー
「180万人の意識シングルソースから開発するデジタルマーケティングとは?
~デジタルマーケティングをさらに進化させる”シングルソースデータ活用”の最前線~」を開催

デジタルマーケティングを飛躍させる“シングルソースデータ“とは?

”シングルソースデータ”とは「あらゆる定性情報を一つのIDに紐づけたデータ」のことです。

例えば、ID:001という方が、男性で30歳で既婚で世帯年収が1000万で、どのような車に乗り、どこで結婚式を挙げて、どのようなペットを飼い、どの証券会社の口座を保有している等、IDに紐づく生活関連のあらゆるデータがすべて紐づく形でまとまっています。

このシングルソース化したデータに、会員データや購買データなどをぶつけることで、目的とする効果を達成するために、どのようなパーソナルデータ群が有益なのかを割り出すことができるため、デジタルマーケティングの成功確率を上げることが可能になります。

本セミナーでは、過去10年間に渡って180万人から取得した自主調査データのシングルソース化を推進している株式会社クロス・コミュニケーションが、このシングルソースデータの基礎から、デジタルマーケティングにおける活用法をご紹介します。ご興味ある方はぜひご参加ください。

セミナー概要

セミナー名 180万人の意識シングルソースから開発するデジタルマーケティングとは?
~デジタルマーケティングをさらに進化させる”シングルソースデータ活用”の最前線~
日時 2016年5月26日(木)16:00~17:00
場所 株式会社クロス・コミュニケーション 本社
〒163-1424 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー 24F
地図 http://www.cross-c.co.jp/about/access/
参加費 無料  ※事前登録制
定員 50名 ※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。

プログラム

以下を予定しています。

  • ・クロス・コミュニケーションが保有するシングルソースデータとは
  • ・シングルソースデータの仕組み
  • ・コンシューマー嗜好性クラスタとビックデータで何が出来るのか
  • ・シングルソースデータ の活用モデル

講師略歴

株式会社クロス・コミュニケーション
エグゼクティブリサーチャー
梅山 貴彦

マーケティングリサーチに関する20年以上の経験を持つ。
IDC Japan株式会社調査担当副社長時に、ITアナリストとして8年間に渡りインターネット、 パソコン、情報端末、ソフトウェア、ネットワーク、コミュニケーションなどの分野における調査業務を統括。
その後、イーシーリサーチ株式会社代表取締役を経て、2009年より当社に入社。エグゼクティブリサーチャーとして調査分析の統括を行う。 IT分野、EC、消費財、自動車などの様々な分野を担当しており、各種の多変量解析に精通し、購買行動のモデル分析などの意識決定に活用できる分析手法を得意としている。

最新のニュース

DOCUMENT REQUEST 資料請求

注目事例紹介

  • DOCUMENT REQUEST 資料請求
  • INQUIRY お見積もり依頼・お問い合わせ
  • NEWSLETTER ニュースレター登録
  • SEMIBAR 無料セミナー資料配布中
  • セミナー情報 資料のみでも請求いただけます。
  • コンバージョンアップブログ