セミナー情報

活用シーン拡大中!O2Oの切り札「iBeacon」はここまでできる!!

導入事例からみる、
iBeaconを活用した新しいターゲットマーケティング手法とは

img

うまく利用すれば効果的!
iBeaconを使って、どんなことができるの?

iBeaconは、GPSでは正確に行えない屋内施設での位置測定が可能です。
10m程度の範囲にいるユーザーに対してアクションを起こしたり、ユーザー行動の内容や経路、滞在時間といったマーケティングデータを収集することができるため、アイディア次第で、送客効果はもちろん、顧客体験の向上によるブランディング、顧客のファン化、取得したデータを利用してCRM(顧客関係管理)など様々なコミュニケーションを生み出すことが出来る“O2Oの切り札”と期待されています。

しかし、新しい技術であるが故に、実態がつかめず
「使用しているイメージが湧かない」
「どんな活用方法があるのかわからない」
という方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回のセミナーではマーケティング担当者様を対象に、 「iBeacon」を使った新しいサービスをビジネスと結びつける時に、どのようなことができるのか。 そのトレンドや手法を国内・海外の事例から読み解き、ユーザー向け・企業向けそれぞれでどのように活用しているのか解説致します。

来店誘導するきっかけとして、また、マーケティングデータツールとして、「iBeacon」をうまく活用している事例を元に、具体的な活用法のヒントを探りだす1時間となっております。

お申し込み受付を締め切らせていただきました。
多数のお申込みありがとうございました。

セミナー概要

◆セミナー名:O2Oの切り札!スマホを軸に再来店や購買を促す!
       事例からみる、iBeaconを活用した新しいターゲットマーケティング手法とは
◆日時   :2015/6/19(金) 16:00~17:00 (受付開始15:30)
◆場所   :株式会社クロス・コミュニケーション 本社
       〒163-1424 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー 24F 地図
◆参加費  :無料  ※事前登録制

プログラム

以下を予定しています。

  • ・国内・海外の事例から見るiBeaconの最新トレンドや手法
  • ・iBeacon活用で何が出来るのか?
  • ・iBeaconを使った新しいサービスをビジネスにどうつなげるのか?
  • ・iBeaconをマーケティングデータツールとして活用する方法

講師略歴

株式会社クロス・コミュニケーション
セールスディビジョン プロデュースグループ マネージャー
野村 知宏

2004年よりおサイフケータイ事業に携わり、SEとして約1,000人が利用したFeliCaアプリケーションの開発及びモバイルFeliCaセミナー講師を担当。

2007年より受託開発をメインに、金融系、ゲーム系を中心としたモバイルアプリの開発PMを担当。50人月程の大規模開発案件など数多くの案件に従事し、多くのフィーチャーフォンやスマートフォンアプリを開発。

2013年9月より株式会社クロス・コミュニケーションに参画。 スマホアプリの開発PM、Webアプリケーションの開発PMだけでなく、新規事業の立案と開発にも携わっており、常に新しい技術を追求する姿勢が社内外からも好評を得ている。

注目事例紹介