INFRASTRUCTURE
BUILDING
アーキテクチャ設計・システム基盤構築

こんな課題をお持ちの方に
  • モバイルアプリケーション開発における、インフラ構築のノウハウが無い。
  • アーキテクチャ設計から構築まで経験を持つエンジニアに任せたい。
  • AWSクラウド上にシステム構築・移行を検討している。
  • 24時間365日の監視体制を構築したい。

クロス・コミュニケーションの
アーキテクチャ設計・システム基盤構築における強み

  • ワンストップでご提案・構築
    システム提案・要件定義から、24時間365日運用の監視、サイトの運用改善までワンストップでご提案、構築致します。
  • 高度なセキュリティにも対応
    金融ソリューションなど、高度なセキュリティを求められられる環境と、可用性、拡張性に優れたシステム構築を両立した提案、構築を行います。
  • AWSの資格を持ったエンジニアが対応
    Amazon Web Services(AWS)クラウド上での構築に際して、AWSクラウドに関する資格を有したスタッフが要件定義・設計・構築を行います。

アーキテクチャ設計・システム基盤構築
サービス概要

アーキテクチャ設計・システム基盤構築サービスでは、アプリ開発、Webシステム開発におけるインフラ構築を行います。
クロス・コミュニケーションでは、経験豊富なスタッフが技術、運用面での課題を解決し、
構築支援や運用支援、コストの最適化をご提案致します。

クロス・コミュニケーションのインフラ環境について

インフラ環境の信頼性

当社でご用意するインフラ環境は、お客様のあらゆるニーズにお応えするために、分散化による高い処理能力と、多重化による高い信頼性の確保も可能となり、また、将来的な柔軟性も担保したシステムです。お客様の事業の成功に伴った負荷増強を加味し、拡張が柔軟に可能となる環境としています。
そしてそれは、当社が長年養った多くの高負荷システムの運用実績と独自の監視・運用システム及び、技術力の高いエンジニアによって実現されています。

システムダウン対策

本システムを構成する各種サーバは、自家発電を備えたインターネット・データセンターに設置しています。
障害発生時におけるシステム停止を回避するため、基幹ネットワークは二重化されており、データ損失防止策として、定期的にバックアップを行っています。

システム監視

24時間365日の稼働を前提として、データセンターにて有人監視を行い、障害発生時にも迅速に対応可能な体制をとっています。監視システムによりサーバの稼働、リソース状況をリアルタイムに監視し、アラートを受信後、技術者により障害箇所の切り分けを行います。

データの安全性・保全性について

データの安全性

個人情報を取得する画面は、サーバとクライアント間の通信をSSL通信で暗号化しています。暗号化には、信頼性の高いの128ビット長のサーバIDの使用を推奨し、画面の改ざん防止および、お客様の入力・送信データのプライバシー保護に注力しています。

データの保全性

回答データについては、日次(※)でバックアップを行い、障害発生時におけるデータの保全性を確保しています。
(※ご用件によってはより短いスパンによる取得も可能となります)

セキュリティ対策について

インフラ環境について

本環境は、ファイアウォールやIPS(侵入防止システム)によって、外部の不正アクセスから保護し、データの改ざん・破壊を防止しています。
また、構築についてはテンプレートを用い、属人的な作業・運用ミスを徹底的に排除し、更にリリースのセキュリティチェックを徹底することによりセキュリティの確保に努めております。

アクセス権限について

各種データにアクセスするためのアクセス権限の設定は、システム管理者のみに限定し、管理の徹底を図っています。

アクセスログ監視ツール

アクセスログ監視ツールを導入し、システムおよび人による常時監視を行うことで、個人情報漏洩防止に努めています。

独自のチェックツール

当社独自のチェックツールにて外部公開されたディレクトリに意図しない個人情報の含まれたファイルが存在しないか設定ファイルの改竄が行われていないかなどのチェックを行います。

WORKS事例・実績

クロス・コミュニケーションのサービスを導入いただいているお客様の事例や実績をご紹介します。
多種多様な業種のお客様のリアルな声をご覧ください。