現状分析

ターゲティング【現状分析】

 

お客様のサービスや製品と、その周り(場所・時間・状況・環境など)を踏まえた上で、どのようなユーザーが対象となるか、もしくは対象としていくべきなのか、かつそのユーザーがどのようなニーズを持っているかについて、調査分析いたします。
その調査結果を、サービスや製品のターゲットとして可視化し、戦略策定の要素として利用します。

ビジネスコンテキスト【現状分析】

 

ビジネスのゴールを達成するために、そのサービスや製品を利用するユーザーの思考や行動に対して、影響するさまざまなものごと(場所・時間・状況・環境など)を理解し、体験を可視化します。

現状分析の導入実績

  • 資料請求
  • お見積もり依頼・お問い合わせ

戦略策定

情報設計【戦略策定】

 

ターゲティングで対象のユーザーを調査し、ビジネスコンテキストで可視化したものを前提として、その情報を整理して法則を作り、サービスや製品に対しての問題点やその問題に対する施策を設計します。

RFP/RFI作成【戦略策定】

 

ターゲティング、ビジネスコンテキスト、情報設計を使って、ビジネスの全体像、スコープ、必要要件などを定義し、現状の状況を可視化して今後作成するものの情報を正しく伝えられる要求仕様(RFP/RFI)を作成します。

要求仕様の主な構成としては、「背景」、「目的」、「目標(KPI)・成果」、「ターゲット」、「要求事項」、「予算規模」、「マイルストーンやスケジュール」、「機能要求」などがあります。

戦略策定の導入実績

  • 資料請求
  • お見積もり依頼・お問い合わせ

注目事例紹介