SNSマーケティングが企業にとって重要な理由

今や企業の販売戦略において欠かせないものとなっているマーケティング手法のひとつに、SNS というツールを利用した「SNSマーケティング」があります。とはいえ、着手はしたものの、実質的にはまだ運用できていない企業や、これから導入して成果を上げていきたいという企業が多いのも事実です。

そこでこの記事では、SNSマーケティングの特徴や、「5大SNS」と呼ばれるものの利用方法などをわかりやすくご紹介します。SNSマーケティングによって成果を上げたい場合は、ぜひご参考にしてください。

無料コンサルティングに相談してみる。

SNSマーケティングの効果とは?

写真-A Wall of Cubes with Social Media Apps

まず、企業としてSNSマーケティングを取り入れることの概要について、メリットや注意点を解説します。

SNSマーケティングは「バズること」だけが全てではない

SNSマーケティングの導入に際しては、「どうやったらバズるか」、という点にばかり目が行くことが多いようです。もちろんかけたコスト以上に情報が拡散されれば大きな利益につながりますが、SNSマーケティングの目的は、バズることだけではありません。

一番重要なのは、まずSNSメディア上にアカウントを持ち、公式情報を必要に応じて発信していくことです。瞬間的な話題作りや拡散性だけに気を取られて情報の正確性を欠けば、かえって信頼性を失うので、その点にしっかり注意を払いましょう。

SNSのアカウントを持たなければ、企業の誤った情報が流通してしまう危険があります。そのようなことがないよう、公式のSNSで、正しい情報を発信していくことが大切になるのです。

SNSマーケティングのメリット

SNSマーケティングを導入することが必須になりつつあることには明確な理由があります。数年前までは多くの人は検索エンジン経由で情報にアクセスしていましたが、近年はSNS上にいるだけで情報が飛び込んでくるため、能動的に情報を収集するということが少なくなってきています。

そのため、企業としてはホームページの運営だけでは、情報をユーザーに届けにくくなってしまっているのです。

つまり、SEO対策だけに予算や時間を割くだけでなく、SNSマーケティングを併用していなければ、今後は成果が上げられなくなっているともいえます。

また、SNSマーケティングは、自社や競合他社へのアクセス数などが分析管理しやすいことや、特定のワードを扱ったユーザーへのサポートもしやすいメリットがあります。

さらに少し前までは、「SNSマーケティングはBtoCには強くても、BtoBではメリットが少ない」というイメージがありました。しかし最近は、BtoBへの成果も十分に期待できるという見方が主流になりつつあります。たとえばInstagramで動画を流す戦略で、企業イメージアップやブランディングに成功している例も多数あるからです。BtoBのうえでも、SNSマーケティングは欠かせないものになりつつあります。

SNSマーケティングの注意点

SNSマーケティングを行う場合、バズることに注意を払いすぎると、逆に炎上してしまうリスクもはらんでいます。SNS上での炎上を防ぐには、日常的に正確性や社会性を伴った情報発信をしておく必要があります。

ネット社会の中で信頼性が高い企業であれば多少の失点はカバーしやすいですが、平時に信頼を獲得できていない企業ほど炎上したときに手が付けられなくなるので、センシティブな内容を発信する場合は、とくに注意が必要です。

5大SNSマーケティングの手法を紹介

ここからは、「5大SNS」と呼ばれているFacebook、Twitter、LINE、Instagram、YouTubeの特徴をご紹介し、SNSマーケティングの手法や運用を考えていきましょう。

Facebook

イラスト-アイキャッチ用facebooklogo

Facebookは、実名登録を基本とするSNSで、2019年8月時点で、世界では24億人、日本国内では2800万人のユーザーが存在しています。ユーザーの年齢層は20~50代と幅広いことや、実名性が高いので炎上しにくいこと、広告を入れやすいこと、文字数が多いため、他のSNSより文章によるアピールがしやすいこと、写真の美しさで目を引きやすいことなどの特徴があります。

日本では若い層が離れているという点が指摘されていますが、世界中でのアクティブユーザー数は圧倒的にFacebookが多いため、とくに国外に目を向けている企業なら、有効に活用すべきSNSです。

なおFacebookを活用した広告について詳しく知りたい方は以下の記事も併せてご覧下さい。

Twitter

logo-twitter_白背景

Twitter は1回の投稿で140文字という制限がありますが、20代から40代が多く利用していること、ハッシュタグ機能や匿名性があること、「リツイート」機能があることで拡散の速度が非常に早いこと、一人で複数のアカウントが使えることなどの特徴があります。

フォロワー以外にも情報が届くことや、ハッシュタグ付きで多数のユーザーがツイートした言葉が「トレンド」として紹介されることなどから、訴求力の高さが魅力です。

2019年8月時点で世界では3憶人、日本国内では3300万人のユーザーが存在しています。

なおTwitterを活用した広告について詳しく知りたい方は以下の記事も併せてご覧下さい。

LINE

logo-LINEapp_白背景

LINE は2019年8月時点で、世界でのユーザー数は1憶人以上と他のSNSより少ないですが、日本国内では8100万人のユーザーが存在しており、圧倒的にトップの使用率を持っています。

拡散力はないものの、国内のアクティブユーザー数2位のTwitterの2倍以上の数字がありますから、広告媒体として利用する、ポイント付与などの方法で個人にリーチして来店を促す「O2O(Online to Offline)活用」も可能です。

また、LINEには「LINE Beacon」という位置情報を連動したサービスがあり、サービスを提供する店舗に近づくとクーポンを発行するなどの使い方ができます。うまく使えば、店舗に誘導して売り上げアップにつなげることも可能です。

なおLINEを活用した広告について詳しく知りたい方は以下の記事も併せてご覧下さい。

Instagram

logo-Instagram_モノクロ

Instagramは、写真によってビジュアルイメージが伝えやすいことから、飲食店や美容関係などのマーケティングに強いイメージがあります。しかし最近は、動画配信するストーリーズの人気や、商品購入サイトに誘導しやすいこともあって、企業によるマーケティングやブランディングに使われるケースが増えてきています。

実際に10~20代がSNSを利用して商品購入するときの動機になっているのは、半分以上の58%がInstagram経由というデータがあります。全年齢でも25%を占めていますから、注目すべきSNSであることは間違いありません。

ユーザー数は2019年8月時点で世界では10憶人、日本国内では4500万人と発表されています。

なおInstagramを活用した広告について詳しく知りたい方は以下の記事も併せてご覧下さい。

YouTube

logo_白背景_Youtube

YouTubeそのものは、これまで紹介した直接的なコミュニケーションを主体とするSNSとは毛色が違いますが、SNSマーケティングに戦略的に利用されて成果を上げています。商品購入につながる動機としては、SNSの中で30~40代でトップの34%、全年齢でもやはりトップで30%となっています。

Google検索では、従来はテキストを軸にしたSEO対策が中心でしたが、近年は動画コンテンツを含むことで、SEOの有効性が高いことがわかっています。そのため、企業として作成した動画をYouTubeに上げることは、SEOと訴求力の両面で効果的なのです。

なおYoutubeを活用した広告について詳しく知りたい方は以下の記事も併せてご覧下さい。

スターバックスのSNS成功事例

スターバックスコーヒーは、以前は男性客が多かった喫茶店文化を、独自のSNS戦略によって、女性や学生が使いやすいカフェに変えることに成功しました。

2013年にはFacebookで投稿のリーチ数最大を記録し、その後もTwitterで新商品を拡散して数十回もトレンド入りしたり、店内にあるQRコードを読み込んだりすることで、季節に合わせたキャンペーン画像が無料で撮れるInstagram向けの企画などで成功を続けています。

Instagram(インスタグラム)を始める企業が増えている

イラスト-黒板の棒グラフ

Instagramは、SNSマーケティングの中で、近年重要な位置を占めるものとなっています。その背景としては、ユーザー数が確実に右肩上がりに増えていることもあります。2016年には国内ユーザーが1200万人程度だったのが、2019年には3300万人にも増えており、すでにFacebookよりも多く利用されています。

導入企業が増えている、「インスタLP」とは

ここでは、「インスタLP」について解説しています。そもそもLPとは、「ランディングページ」のことで、商品販売のための長く作られたWebページです。LPは商品の売り上げを大きく左右するため、内容の充実に各社が力を入れる部分です。

インスタLPは、インスタのプロフィール画面をLPとして扱うもので、複数の写真の投稿で1枚の画像を見せつつ、各グリッドに情報を付加したものです。投稿ごとに誘導先を割り振ることができるので、購入や問い合わせなどにつなげやすくなるメリットがあります。

    

キャプチャ-D2Cターゲティング_インスタLP

まとめ

SNSマーケティングが、現在の企業にとって欠かせない存在となっていることをまとめました。ここでご紹介したように、各SNSにはそれぞれの強みがありますから、それを活かしたサイト構築がマーケティングの成功に直結します。

新規に参入する企業や、SNSマーケティングを行っているものの、成果を上げられていない、という企業にとって重要なのは、実はどんな業者にシステム構築を依頼するか、という点が大きいといえるでしょう。

とくにコラムの最後で紹介したInstagramを活用したSNSマーケティング、及びインスタLPについては、他の記事でも詳しく紹介しています。ぜひ併せてご覧ください。

クロス・コミュニケーションは、今回ご紹介したSNSマーケティングについての知識や技術を豊富に備えている、Webシステム構築を専門の会社です。お客様がご希望されるITビジネス環境を、それぞれのシーンに合わせて適切に提供することができます。興味があるというご担当者様は、ぜひお気軽にご連絡ください。

事業課題に無料でコンサルティングいたします

  • アプリを開発したいが何から検討すればよいかわからない。
  • Webサイトのコンバージョンをあげたいが方法がわからない。
  • IT技術を使って事業を拡大したいので相談できる企業を探している。
無料コンサルティングに相談

SNSマーケティングカテゴリの最新記事