1円からでも始められるリスティング広告を解説!出稿までの流れも紹介

1円からでも始められるリスティング広告を解説!出稿までの流れも紹介

このコラムは、リスティング広告を利用して自社商品の広告をネット上に広告掲載したいという人に向けたものです。コラムの中ではリスティング広告の種類や費用、広告出稿の流れ、メリットやデメリットなどを、できるだけ初めての方にも分かりやすいように 丁寧な解説内容になっています。

リスティング広告の上手な使い方を知りたいと考えている人は、ぜひこのコラムを参考にしてください。

リスティング広告 (検索連動型) とは?

ロゴ-Googleads

リスティング広告は、GoogleやYahoo!などの検索エンジンにユーザーが入力したキーワードに合わせて、あらかじめ広告主が用意した広告文が 検索結果ページに、テキストで表示される宣伝方法のことです。

GoogleとYahoo!の2種類がある

リスティング広告にはGoogle広告(以前はGoogle AdWordsまたはGoogleアドワーズという名称でした)と、Yahoo!広告の2つがあります。

基本的にはアカウント構成、管理画面のビジュアル、広告配信の構造などは、上記の2つの間に大きな違いはありません。

Googleが運営しているリスティング広告は、名称的には検索ネットワーク広告と呼ばれています。広告の掲載場所としては、YouTubeやBIGLOBE、goo、アメーバブログなど多岐にわたります。

一方Yahoo!でのリスティング広告の名称はYahoo!プロモーション広告(旧:スポンサードサーチ)となっていて、掲載先としてはYahoo!サービスが提携している媒体のbing、niftyなどになります。

入稿規定はさほど厳しくない

GoogleもYahoo!もリスティング広告を上げるには、審査や入稿規定があります。審査というとハードルが高いのではないかとしり込みする人もいるかもしれませんが、実際にはそれほど厳しいものではありません。

審査に落ちるWebサイトの傾向としては、以下のものなどが挙げられます。

  • 「日本一」や「世界一」、「最高」などの過度に誇張した表現を用いている
  • Webサイトの主体者の名前や住所などの情報に虚偽や誤りがある
  • 根拠のない健康効果などを記載して薬機法に違反しているなどの倫理面での問題がある
  • サイトリンクのURLに制限が掛かっている

また、リンク先の設定で関連していないキーワードを使用している際も審査で落ちることがあります。

リスティング広告の費用について

写真-女性と電卓

この項目では、リスティング広告にかかる一般的な費用について解説します。

1円からでも利用可能

リスティング広告の出稿については最少額が決められているわけではないので、原理的には1円からでも利用することが可能です。

とはいえ、リスティング広告は一つのキーワードに関して入札制を導入しているので、競合する存在がある場合、出稿額を安く設定している広告は掲載の機会を得にくくなってしまいます。そのため広告による効果やコンバージョンの結果を得るためには、ある程度の 出稿金額が必要になってきます。

リスティング広告で成果を上げるための具体的な相場としては、20~50万円程度かかっていることが多いのが実情です。しかし、前述したようにキーワードの競合度合いによって金額は変わりますから、ニッチなキーワードを自社の商材に結びつけることができれば、数万円程度の少額で結果を出すことも不可能ではありません。

広告出稿の流れ

キャプチャ-キャンペーンの構図

この項目では、アカウントの構成要素であるキャンペーン、広告グループ、広告の作成、キーワードなどについて、ひとつずつ 確認していきましょう。

キャンペーンを作成

リスティング広告を出稿するには、まずキャンペーンを作成する必要があります。ここで言うキャンペーンとは、ターゲット地域や予算、広告配信のデバイス、配信スケジュール(曜日や時間帯)などが設定された広告管理の単位のことです。

キャンペーンがしっかりと設定されていれば、広告費の抑制がしやすくなりますから、アピールしたい商材に合った設定を事前に練り込みましょう。

広告グループを作成

広告グループはアカウントを構成するうえで、キャンペーンの下に来る階層で、キーワードと広告文、表示用のURLの3つの要素から構成されています。

「広告グループを作成する」という言葉は、リスティング広告に初めて触れる人にはわかりにくいと思いますが、キーワードと広告文をどのように割り当てるかを決める工程と言い換えれば理解しやすいでしょう。

具体的に広告グループを作成する際には、キーワードと広告グループを1対1で割り当てていく方法もあります。この方法は一見シンプルでわかりやすいように見えますし、うまくいけばWebサイトへの訪問数が増え、クリック数のアップを狙うことができます。しかし、実際には広告グループが非常に多くなって、運用のための人的コストが大きくなるのであまりおすすめできません。

そのため、類似性がある広告とキーワードをまとめるように作成していくことが、余分なリソースをかけずに成果を出すことに繋がります。

エリアや年齢などのオーディエンス設定は広告グループベースで行います。

広告を作成

広告主がユーザーに向けて表示したいコラムが広告です。キーワードに関連付けされていて、15文字以内の見出しと45文字以内の説明文で構成されています。

文字数は長ければ良いというわけではなく、モバイルとパソコンでは文字数の表示が異なるので、広告プレビューで表示の確認を徹底しましょう。

キーワードの設定

写真-キーワードと書かれた紙

キーワードはユーザーが検索することを想定できる、自社の商材に関連する単語です。基本的に関連性が高い言葉を選びますが、関連性の中には競合する他社の商材のキーワードを選択する手もあります。

キーワードの設定はリスティング広告で最も重要といっても過言ではありません。品質スコアが上がらなければ競合他社の広告に打ち勝つことができないうえ、クリック単価が高騰してしまいます。入札金額と品質ランクの関係性を理解し、広告ランクの向上を狙いましょう。

キーワードには「ビッグワード」「ミドルワード」「スモールワード」と呼ばれる種類があります。

ビッグワードは検索回数が多く、クリックしてもらえる率も上がりますが、競合が多くなりがちで、費用的にも高くなります。

スモールワードは反対に一般的に競合が少なく、費用面を抑えることができるキーワードです。自社のアプローチ商材と関連付けができて、ユーザーが入力してくれそうなスモールワードを探ることが、リスティング広告の費用対効果を上げる上での基本の考えになります。

ミドルワードは上記の中間的なキーワードという扱いです。

広告の掲載順位について(広告ランク)

リスティング広告の順位はどのように決まっているのか、理解しておきましょう。入札金額(クリック単価)を上げれば、掲載順位が必ずしも上部に表示されるというわけではありません。

直下の競合広告の「広告ランク」 ÷ 自分のキーワードの「品質」 + 1円

  

キャプチャ-広告ランク

入札金額(クリック単価)

キーワードの入札金額の相場は業態や業種、エリアによってまちまちです。

したがっていくら以上が好ましい、というのは断言できませんがGoogle広告の管理画面に「キーワードプランナー」というサービスがありますので、ある程度の入札金額はキーワードプランナーで確認をしましょう。

品質スコア

キーワードの設定を行う際に、Webサイトに関連するキーワードを設定しますが、関連性が低いキーワードは品質スコアが低く評価されてしまします。

言うまでもないですが、関連性が高いキーワードは品質スコアが高く評価されます。最大値は10です。

下記のことをチェック

  • 広告文(タイトル・説明文含む)には関連するキーワードが含まれているか
  • 遷移先のWebサイト(LP含む)には関連するキーワードが含まれているか
  • 画像が多くテキスト量がほとんど無いLPを時々見かけますが、画像内のテキストはGoogleのシステムが読み取れないので、テキストでLP構成をすることが推奨されています。

リスティング広告のメリット・デメリットは?

ここからはリスティング広告を利用する際に想定できるメリットとデメリットを紹介していきましょう。

メリット:クリックされない限り費用はかからない

写真-かねとリスク

リスティング広告の課金制度としては、クリック課金制が多く使用されます。この方法はユーザーが検索したキーワードに関連して広告が表示されても費用は発生せず、ユーザーが広告をクリックした時点で課金されるシステムです。

つまり、ユーザーが自社サイトに来なければ費用は発生しないので、比較的広告費が無駄になりにくいシステムであると言えます。

クリック単価はオークションによって決まることになっているので、広告主はキーワードごとにいくらまで広告料を支払うかを設定しておけば、予想外に広告費が上がることを防ぐことができます。つまり金額を低く設定しておけば少額でリスティング広告を始められるメリットがあります。

しかしこのメリットは、あまりにも少額にすると広告が表示される機会を逃す可能性があるというデメリットにも繋がります。

デメリット:オーディエンス設定を誤ると効果を期待できない可能性も

写真-PCの前で頭を抱えている女性

リスティング広告を効率よくコンバージョンに繋がるように表示するためには、オーディエンスをしっかり絞り込むことが欠かせません。しかし絞り込みが見込み客のみに集中しすぎると、広告の配信がほとんど行われないので効果が発揮できなくなることもあります。

このような観点から見れば、ターゲットを絞り過ぎないための「ほどほど」の管理が必要です。この調整は業種やその時扱う商材の性質によっても変わりますから、一般的なネット上の情報だけを見ていても学びにくいものです。

ここに上げたメリットやデメリットを総合的に見ると、リスティング広告は適正に管理できれば費用を抑えてコンバージョンを獲得しやすい優れた面がある一方で、管理に人的コストが必要なことや、情報収集、分析能力が欠かせないことが見えてきます。

これを踏まえると、費用を使ってもリスティング広告の運用業者に管理を委託するのも方法のひとつであることを理解していただけると思います。

まとめ

リスティング広告の種類や特徴、広告出稿の仕方、メリットやデメリットへの対応方法について、分かりやすくまとめました。

リスティング広告は適正に活用できれば、企業として少ない予算で利益を上げることに繋がる優れたツールです。しかし、運用のための社内コストが増大しやすい広告形態であるという特徴もあります。

もし、運用について十分な費用対効果が得られていない、広告効果が得られない、運用の自信がないという場合は、クロス・コミュニケーションにご相談ください。

クロス・コミュニケーションは、リスティング広告の初期立ち上げや、導入後の管理運営について豊富な知識と経験を持っています。また、今回紹介したリスティング広告だけでなく、ディスプレイ広告や動画広告などに関しても、お客様の事業に即した提案をすることができます。

ECマーケティング戦略やWeb広告戦略(広告主向け)に関して、信頼できるビジネスパートナーをお探しの場合、ぜひ当社にお任せください!

事業課題に無料でコンサルティングいたします

  • アプリを開発したいが何から検討すればよいかわからない。
  • Webサイトのコンバージョンをあげたいが方法がわからない。
  • IT技術を使って事業を拡大したいので相談できる企業を探している。
無料コンサルティングに相談

Google広告カテゴリの最新記事