Twitter広告の賢い利用方法とは?活用のポイントや注意点を解説

Twitter広告の賢い利用方法とは?活用のポイントや注意点を解説

Twitter広告は、ターゲティングの種類が豊富なので、利用方法にお悩みの方も多いかもしれません。今回は、どうすれば賢く広告を活用し、狙っている層にアプローチできるのか、詳しく解説します。

広告を掲示するメリットのほか、ターゲティングの種類、注意点もあわせてご紹介しますから、Twitterを広告手段として活用すべきか悩んでいる段階の方も参考にしてください。

Twitter広告とは

logo-twitter_白背景

Twitterとは、世界中で3億人以上の登録者数をもつ一大SNSです。Twitter広告とは、文字通りTwitterに出す広告のことで、使い方次第では大きな宣伝効果を生み出せます。まずはTwitter広告のメリットや注意点をご紹介しましょう。

Twitter広告のメリット

Twitter広告の一番のメリットは、必要な広告料が初回の広告掲載時のみという点です。リツイートによって二次的な拡散を狙えることがTwitterの魅力ですが、初回の広告料さえ支払えば、いくら反響が大きくなっても、追加でお金を支払う必要がありません。

その結果として生まれるメリットが、本来狙っていたターゲット以外にも広告が波及することです。拡散によりさまざまな層に広告が届く可能性が高まるため、想像しなかった箇所からの反響が見付ける点や、リスティング広告では訴求できない人物に訴求できることが期待できます。

Twitter広告の注意点

Twitter広告は、投稿した広告を削除すれば公式リツイートを含めて記録を削除できますが、非公式リツイートを削除することはできません。(参照元ツイートの情報は削除されます)

また、もし誤った情報を掲載したり、炎上したりした場合には、削除してもスクリーンショット・魚拓等を撮られている可能性があります。拡散スピードが早い分、扱い方を間違えると、企業に致命的なダメージが及ぶリスクもあるのです。広告ツイートは情報の正確性が伴っているか、倫理的な面で問題がないかをしっかり推敲しましょう。

また、何度も広告に登場させていると、ユーザーにしつこく感じさせてしまう可能性があり、企業のアカウントをブロックされてしまう恐れもあります。

Twitter広告の種類と課金方式

次に、Twitter広告ではどんな広告を出し、どのように課金されるのかを解説します。現在Twitter広告で運用できるものには4種類あり、それぞれが特徴を持っています。広告の種類や狙いに応じて使いわけましょう。

プロモツイート

プロモツイートとは、フォローされていないアカウントに向けてツイートを表示させる機能で、Twitterにおいてもっともメジャーな掲示方式です。画面下部には「プロモーション」という文字が表示されますが、それ以外は通常のツイートとの差は一切なく、お気に入りへの追加やリツイートも自由に行えます。プロモツイートには、画像や動画も含められます。

プロモアカウント

   

キャプチャ-twitter_プロモおすすめ

タイムライン上などに「おすすめユーザー」が表示されますが、この一覧に企業のアカウントを登場させるための広告がプロモアカウントです。多くの人にアカウントの存在を知らしめられるので、ネームバリュー次第では、プロモツイート以上の成果にも期待できます。

プロモトレンド

  

キャプチャ-twitter_プロモトレンド

この瞬間にどんな話題が流行っているのかを表示させるのが「トレンド」ですが、これを見つけるためにアクセスされる「おすすめトレンド」の上部に広告を表示させるのがプロモトレンドです。費用は高額ですが、もっとも目につきやすい広告になるため、商品やキャンペーンの宣伝には最適といえます。

インストリーム動画

Twitterでは、動画を含んだツイートも増えていますが、その動画を再生する前の広告として流せるのがインストリーム動画です。一定の時間が経過するまでは動画本編の視聴が不可能なため、多くの人の目に留まる動画広告を打ち出すことが可能です。

課金方式

Twitterでは、クリックされた数、フォロワー獲得数、リンク先へのアクセス数、動画再生数などの数に応じて課金される方式が取り入れられています。反響が大きければ大きいほど、当然広告料も上がりますが、特定の目的に絞った広告を出しやすいというメリットがあります。

Twitter広告のクリエイティブ

Twitterでは、さまざまな方法でユーザーに向けたアプローチを仕掛けられます。分類すると4種類の方法で広告を配信することが可能なので、よりコンバージョンを狙いやすい方法を選んで、ターゲットに働きかけましょう。

文字のみのツイートの場合

ウェブサイトへのリンク部分を除くと、最大128文字までの文字をプロモーションに費やすことができます。非常にシンプルな広告になるため、タイムラインに違和感を生む心配はありませんが、文字だけでアクセスを稼ぎ、コンバージョンさせることは簡単ではありません。

画像付きのツイートの場合

画像付きツイートは、上記のツイートに画像を添付した広告です。GIFも画像扱いになりますから、より効果的な画像付きツイートの作成も目指せます。文字だけの広告と比べて視覚への効果が強く、コンバージョンも狙いやすくなります。

※画像をクリックしてもリンク先には遷移しないので注意してください。画像をクリックしてリンク先に遷移させたい場合は「カード」を使用します。

動画付きのツイートの場合

動画付きツイートは、文字と動画を組み合わせた広告です。興味をもってもらえなければ最後まで再生し続けてもらえる可能性は低くなってしまいますが、音声によるアプローチが可能になることも特徴で、高い効果を期待できます。

Twitterカードとは

   

キャプチャ-twitter_card2

通常の広告ではリンク先は文字だけで表示されるため、味気ない広告になってしまいがちですが、Twitterカードを使えば、そんな状況を打開できます。リンク部分にアイキャッチ画像や記事のタイトルなどを表示できるので、視覚的なインパクトが強まり、リンク先へのアクセス数アップを見込めます。

Twitter広告のターゲティング

キャプチャ-twitter_キャンペーン目的

そのほかのSNSで用いる広告とは異なる独自機能が多いTwitterでは、ターゲティングの活用に悩む機会が多くなるかもしれません。

Twitter広告で利用出来るデモグラフィックターゲティングには、「言語ターゲティング」「性別ターゲティング」「地域ターゲティング」「端末(デバイス)ターゲティング」の4種類があります。

広告を配信する際には、これからご紹介する3つのポイントを把握しておきましょう。

オーディエンスの特性

Twitter広告では、広告を配信する地域や年齢、性別などを指定できます。たとえば、特定の地域限定で展開する小売業の場合、日本全国に向けて広告を展開しても有効性は薄れますから、「東京都」などに表示先を絞り込むようにしましょう。同様に、携帯電話のキャリアや端末、プラットフォームなどを指定することも可能です。

キャプチャ-twitter_オーディエンス設定

オーディエンスの機能

提供する広告と、ユーザーが興味を抱いているジャンルとの親和性が高い場合にのみ、広告を配信するように指定することも可能です。一例としては、音楽や映像作品の広告を展開したい場合、「映画」などの言葉を含むツイートを行ったユーザーに対してのみ、広告を送信するように指定できます。

キーワド:映画

興味関心:映画情報

ツイートの表示歴またはエンゲージメント歴があるユーザーをリターゲティング:配信

ツイートの種類:オーガニックツイート(キャンペーンやプロモーションを含まない純粋な「映画」に関するツイートのこと)例:『今日見た映画超絶おもろかったから大草原不可避www』など

(※ 設定の一例 :「映画」に関するPRの場合)

キャプチャ-twitter_オーディエンス設定_一例

テイラードオーディエンス

テイラードオーディエンスとは、フォロー・フォロワーの関係にあるユーザーに対する広告です。それ以外にも、実際に広告に反応したユーザーだけに向けた広告も送れるようになります。アカウントに興味をもつユーザーに訴求できるので、とくにコンバージョンの確率が高い広告です。

オーディエンスリスト

特定のユーザーをターゲティングするために、リストを使います。顧客の電子メールアドレスのリストをアップロードしてターゲティングに利用することも、Twitterユーザー名(@ユーザー名)を使って関連する分野で影響力のあるユーザーをターゲティングすることもできます。

リターゲティング

リターゲティングタグを設置しているページを閲覧履歴があるユーザー全てに、ターゲティングできます。

コンバージョンページにコンバージョンタグを設置していればコンバージョンしたことがあるユーザーに対してお知らせするツイート、なんていうこともできますので、使い道は多岐にわたります。

オーディエンスリストの作成方法

   

キャプチャ-twitter_オーディエンスリスト_アップロード方法

タブの「ツール」から「オーディエンスマネージャー」を選択してください。「新しいオーディエンスを作成」から「独自のリストをアップロードします」をクリックしてください。すると下記画面に遷移しますので、CSV、TXTなどでファイルデータをアップロードしましょう。

   

キャプチャ-twitter_オーディエンスリスト_アップロード方法2

Twitter広告を利用する際は配信の目的をはっきりさせることが大切

炎上などの問題を起こしてしまうと、逆効果になるリスクを孕むのがTwitter広告の難点です。トラブルを避け、効果的な広告を提示するためには、何を目的に配信するのかを明確にさせることが大切です。

Twitterの興味関心はほかのSNSに比べ、曖昧な場合が多くなりがちですから、誰に届けるかという点をはっきりと定め、媒体に合わないユーザーからのアクセスが目立つ場合には、ターゲティングを見なおすことも考えましょう。

まとめ

Twitter広告は、上手に活用すると拡散力が高く、本来狙っていなかった層からの関心を集めることや、コンバージョンを確保することが可能になりますが、炎上等のトラブルには警戒が必要です。

広告を打ち出す際には、広告を届けるターゲットをしっかりと定めることが何よりも重要です。広告の種類は、文字のみのものから動画付きのものまで豊富であり、ターゲティングも細かく設定できるので、時間をかけて戦略を立てましょう。

クロス・コミュニケーションでは、集客効果やコンバージョン率を向上させやすい戦略立てをサポートさせていただきます。Twitter広告についてお悩みでしたら、ご相談ください。

お見積もり依頼はこちら

開発・制作・コンサルティングを社内検討されたいお客様
ご用件を伺い無料でお見積もりをいたします。

Twitter広告カテゴリの最新記事