NEWSクロス・コミュニケーション、マーケティングを加速させるデータドリブンマーケティング事業を強化

報道関係各位

平成30年6月21日
株式会社クロス・コミュニケーション

クロス・コミュニケーション、マーケティングを加速させる
データドリブンマーケティング事業を強化

~大手金融系投資事業会社向けに、MA(マーケティングオートメ―ション)ツールを導入、運用支援を開始~

株式会社クロス・コミュニケーション(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:富永 晴次 以下、当社)は、データドリブンマーケティング事業の強化にあたり、大手金融系投資事業会社向けに、マーケティング活動を自動化して効率を上げることが可能なMA(マーケティングオートメーション)ツール「Oracle Eloqua」を導入・運用支援を開始しました。

近年、ネットショッピングの普及などにより企業と顧客の接点が増加しており、企業のマーケティング活動も複雑になっています。マーケティングを成功に導くためには、オンライン上で得られる顧客情報や膨大なデータを分析して戦略を立て、最適なコミュニケーションを効率よく図る必要があります。
このような背景から、マーケティング活動を自動化して効率を上げることができる、MAツールの重要性が高まっています。

当社にて受託・開発をしたスマートフォン向けアプリを顧客へ提供している大手金融系投資事業会社では、キャンペーンなどで会員向けにメールを配信する際、内容、配信時期、会員ランクなどにより、多数の配信パターンが存在するため、コスト面で課題を抱えていました。また同社でツールを導入する際は、セキュリティ面で厳しい制約事項が存在し、それを満たすことが必須でした。

この課題を解決する最適なツールの選定にあたり、当社は、各社が提供をしているMAツール製品の比較検討、またシステム構成の検討から参画。結果、導入要件と制約事項にマッチするツールを客観的に分析し、標準機能で強固なセキュリティ対策が施されている、日本オラクル株式会社のMAツール「Oracle Eloqua」の導入支援と導入後の運用支援を提案。
当社では、アプリケーション開発のみならず、各社のMAツールのノウハウを保持しており、一貫したデジタルマーケティング支援が可能となります。さらに、日本オラクル株式会社のGoldレベル・パートナーを取得していることで「Oracle Eloqua」の導入及び運用サービスの提供に強みを持っています。

MAツールの導入決定により、構築した個別キャンペーンシナリオに沿ったメール配信を自動化することが可能となり、メール運用にかかるコストを削減。多様化する顧客への最適なアプローチを実施するための基盤構築を実現できました。

当社は今後、MAツールによって得られた顧客分析結果を、当社が受託・開発したスマートフォン向けアプリの取引行動履歴と連携。それにより、デジタルマーケティングとシステム開発の両面においてお客様のニーズに合わせた支援を行っていきます。

Goldレベル・パートナーとは

ORACLE Gold Partmer

当社は、日本オラクル株式会社のパートナープログラム「Oracle PartnerNetwork(OPN)」のGoldレベル・パートナーの認定を取得しています。Oracle Eloquaの導入・運用支援を中心に、企業におけるデジタルマーケティングの成果向上に貢献します。

Oracle Eloqua

見込み客の属性や趣向などのデータを活かして、個々に最適化したコミュニケーションを提供します。既存客及び見込み客の購入検討ステージや属性、行動データをそれぞれ把握し、最適なメッセージを最適なタイミングで届けることを可能にするMAのプラットフォームを提供します。

【株式会社クロス・コミュニケーションについて】

株式会社クロス・コミュニケーションは、モバイルコンテンツ創成期から培ってきたノウハウを活かし、 大手法人を中心に多数の開発・運用実績があります。マーケティング、サービス企画から、運用、 プロモーションに至るまで、ネットサービスに必要なあらゆる機能をワンストップで提供いたします。

【株式会社クロス・コミュニケーション 会社概要】

商号 株式会社クロス・コミュニケーション
代表者 代表取締役社長 富永 晴次
所在地 東京都新宿区西新宿3丁目20番2号
設立 1998年5月12日
主な事業 モバイル向けソリューション事業、Webプロモーション事業
URL http://www.cross-c.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社クロス・コミュニケーション
広報担当 恩田
TEL 03-6859-2262(代表)
E-mail cc-contact@ml.cross-c.co.jp

ニュース