INTERVIEWインタビュー
ENGINEER
エンジニア

技術力を磨き続け
いずれはグローバルに展開できる
サービスを開発したい

リーダー
Y.T

2014年中途入社

インタビュー1

大手のお客様からの一次請け案件が多く、
上流工程からプロジェクトに携わり開発・制作まで一貫して対応できる体制が魅力

どのような理由でクロス・コミュニケーションに入社しましたか?
前職の上司や同僚が勤めていたことから、転職を考えていた時期に、試しにと話を聞いてみました。大手企業の一次請け案件が多く、上流工程からプロジェクトに携われる機会が多いことや、開発・制作から運用まで一貫して対応できる体制が魅力的に感じました。
また、入社前にも複数の社員と話をさせていただき、社員同士の信頼関係が強く成り立っていると感じました。
過去には社内で競い合いの風潮が強く、同僚が敵とさえ思えるような会社も経験してきたので、この会社の人達は仲間として長く働けそうだなと感じたことは大きな魅力でした。後から知ったことですが、私のように紹介がきっかけで入社した社員も多く、離職率もこの業界では珍しいほど低いんですよ。
現在はどのような業務を担当していますか?
開発案件におけるSEのリーダー(弊社ではPL(Project Leader)と呼んでいます)を担当しています。
プロジェクトマネージャーが案件のヒト・モノ・カネを管理する役割を担うのに対して、PLはプロダクト自体を管理する役割を担っています。
具体的には、基本設計から詳細設計を通じて仕様を確定し、開発や試験のフェーズでは仕様通りにプロダクトが実装されているかを管理します。
自社のエンジニアだけでなく、クライアントや協力会社ともコミュニケーションを行い、仕様やスケジュールの調整なども担当します。

また、技術的なノウハウをもとに、営業やプロジェクトマネージャーのメンバーとともに新規案件の提案にも携わることもあります。当社では、担当するお客様の業界はメンバーによって異なるのですが、最近は金融企業のお客様を中心に担当しています。

インタビュー2

分業によって自身の専門性を高めつつ、
専門外のことでも仲間から学ぶことができるので、スキルアップにつながる

どのようなことを意識して業務に取り組んでいますか?
メンバー同士が相談し合い、助け合える関係性を築くことができるよう心がけています。その結果が、高品質なアウトプットにつながると考えるからです。
プログラムを書いたり検証を行ったりなど、エンジニアの仕事はともすれば孤立した作業になりがちです。それにもかかわらず、日進月歩で進化する技術トレンドを全て一人でキャッチアップするのは現実的ではないどころか、時としては自身が担当している案件の全体像を把握することすらままならないこともあります。
せっかく私たちは会社というチームで仕事をしているのですから、その強みを活かすためにメンバー同士の協力関係を強化したいと考えています。
各人の得意分野や経歴を共有し、何かトラブルや分からないことがあった際に相談しやすい環境づくりを心がけています。また、勉強会やドキュメント共有ツール類を通じて、案件を通じたノウハウの横展開の取り組みも行っています。
クロス・コミュニケーションに入社して良かったと感じた経験を教えてください。
社会人になってからずっとIT系のエンジニア職として働いていますが、当社へ入社するまでは、比較的小規模の案件ばかりを経験してきました。
そのため、自分一人でプロジェクトマネージャーもSEもテスターも、時にはデザイン業務まで行うような案件も経験してきました。今にして思えば、プロジェクト全体の工程に接することで、各工程の横断的な視野を持つことができたのは良い経験だったと思うのですが、どうしても我流になりがちですし、専門性を高めることも難しい環境でした。

当社では、プロジェクトマネージャーやエンジニアだけでなく、ディレクターやデザイナーなどの制作チーム、テスターを抱える検証・保守運用チーム、システムの基盤を支えるインフラチームなど、専門性を高めたチームが存在します。各案件では各チームからメンバーが集まりプロジェクトチームを作ります。
このように分業することで、自身の専門性を高め、また専門外のことでも各メンバーから学ぶことができるので、スキルアップにつながっていると感じています。

インタビュー3

当社の企業理念「真のITビジネスパートナーを目指して」の「真の」部分には
『技術力に裏打ちされた仕事』の意味を含むのではと考えています

今後どのような役割を担っていきたいですか?
当社では、企業理念として「真のITビジネスパートナーを目指して」というフレーズを掲げています。この「真の」という言葉には、右から左に流すような仕事ではなく、技術力に裏打ちされた仕事、という意味が含まれていると私は考えています。
この技術力を支えていくのが、私たちのようなエンジニアの役割ですが、会社の成長に対してエンジニアの体制強化が課題となっています。特に、PL業務を任せられるメンバーを増やしていきたいと考えています。

私も全ての業務を十分にこなせるだけの力を持っているわけではないですが、それでもこれまで培ってきたノウハウを共有し、そんなチームをマネジメントする立場になりたいと考えています。
将来のビジョンを教えてください
この10年程で、海外がより身近な存在になっていることを実感しています。
国内メーカーが中心であった携帯電話市場が、スマートフォンの登場によりAppleやGoogleといったグローバル企業が台頭するようになったよう、海外製のツールやサービスは私たちの日常にあたりまえに存在しています。

また、当社でも外国籍のメンバーが多く活躍し、逆にグループでは海外で働く日本人もいたり、国をまたいで働くことは、決して珍しいことではなくなっていると感じています。
このようにビジネスのグローバル化が進む中、私自身も国内にとらわれない仕事をしていきたいと考えています。海外のトレンドに目を向け、必要なものは積極的に取り入れ、また逆に海外にも展開できるようなサービスの開発に自らも携われれば光栄だなと考えています。
実はちょっと前からオンライン英会話を始めました。会社が無償のプログラムを提供してくれているので助かっています。まだ簡単な挨拶くらいしか話せませんが、来るべき時に備えて頑張っています。