CMSコンテンツマネージメントシステム

CMS

こんな課題をお持ちの方に
  • CMSを利用して誰でも簡単にWebサイトの更新ができるようにしたい。
  • 現在のWebサイトに導入しているCMSが使いづらい。
  • 現在導入しているCMSはセキュリティ面に不安を感じる。
  • サービスに合ったCMSを選定してほしい。
  • CMSの開発の実績が豊富な会社に依頼したい。

クロス・コミュニケーションの
CMSにおける強み

  • 安心してCMSを利用
    当社では、常にセキュリティ情報をキャッチアップして、信頼性の高いアドオンしか導入しないため、有償、無償にかかわらず、どちらのCMSでも安心して利用いただけます。
  • お客様に合わせたCMSを選定可能
    CMSは様々な種類があり、お客様のサービスにとって最適なものを選定することは容易ではありません。
    当社では、豊富な開発実績に基づき、お客様のWebサイト要件に合わせた最適なCMSを選定することが可能です。
  • 機能追加カスタマイズも可能
    当社では有償、無償に関わらず、様々なCMSを利用してきた実績があり、お客様のWebサービスにとって、必要な機能をカスタマイズすることが可能です。開発後のWebサイト運用稼動を軽減できる機能をご提案致します。

サービスに関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

CMS
プロダクト概要

CMS(コンテンツマネージメントシステム)は、管理画面からテキストや画像を登録することで、
HTMLを編集するスキルが無い運用担当者でも簡単にWebサイトを更新することができるシステムです。
クロス・コミュニケーションでは、豊富なCMSでの開発実績があり、
お客様のWebサービスに合わせたCMSを選定し、開発することが可能です。

開発実績のあるCMS

開発実績のあるCMSの一部をご紹介します。
それぞれのCMSにおいて、特徴があり、お客様のWebサービスにおいて最適なCMSをご提案します。

SITE PUBLIS

将来的な拡張性に優れた、国産のCMSです。CMSに求められる機能はもちろんのこと、Webコンテンツを活用するためのWebマーケティング基盤ツールとして進化を続けています。

PowerCMS

運用しやすいCMSにカスタマイズできるCMSです。Movable Type のために開発されたプラグインセットです。Movable Type をさらに高度な CMS(コンテンツ管理システム)として活用するための様々な機能が提供されています。

RCMS

250以上の標準機能と運用者別のメニューなど充実した管理機能を装備。RCMSはディバータが全て独自に設計/構築し、今なお進化し続けているCMSです。

concrete5

concrete5 はオープンソースと呼ばれるソフトウエアです。アメリカの Concrete CMS, inc. を中心に世界中にユーザーによって開発されています。

WordPress

テーマやプラグインが豊富で拡張子の高いCMSです。WordPressは、元々オープンソースのブログ作成システムとして公開され、その後CMSとして利用されるようになり、人気のCMSです。

Movable Type

安全で効率的なウェブサイト運用を可能にするCMSプラットフォームです。豊富なラインナップで、小規模からエンタープライズまで幅広いサイトの構築を低コストで対応可能です。

※上記記載以外のCMS利用も可能ですのでお問合せください。

CMSの特徴について

CMSには主に静的CMSと動的CMSの2種類が存在します。

静的CMS

HTMLファイルを生成してWebサーバへ転送することで、静的HTMLによるサイトを構築します。

静的CMSの特徴
・あらかじめ生成されたHTMLへアクセスするため、早く表示をすることが可能
・WEBサーバとCMSサーバを分ける事ができるため、セキュリティ面が高くなり、CMSサーバが仮にダウンしてもWebサイトの表示は継続することが可能
静的CMSの特徴

動的CMS

Webサーバにリクエストした際に、データベースから必要データを抽出、HTMLを生成してサイト表示します。

動的CMSの特徴
・アクセス内容によって情報表示の切り分けが簡易に可能
・情報表示のリアルタイム性が高い
動的CMSの特徴

CMS活用時に重視する機能

マルチデバイス対応

マルチデバイス対応

PC、スマホ、タブレットなどデバイスを問わず、マルチに表示を行うことが可能な機能です。
CMSの標準機能で対応できない場合は個別にCSSやJavaScriptなどを組み込んで柔軟に対応がすることが可能です。

時限設定対応

時限設定対応

コンテンツ管理として、未来日時を設定してコンテンツを公開することが出来るため、運用負荷の軽減を図ることができます。
また、コンテンツ表示の取り下げ時においても、日時を指定して非公開にすることも可能です。
キャンペーンや期間限定でのコンテンツ等、当機能を利用することで運用稼働が軽減します。

WYSIWYG編集機能

WYSIWYG編集機能

WordやExcelの上部にあるようなツールバーを利用してコンテンツを編集することが可能です。テキスト色やフォントサイズなど、ツールバーを利用して編集できるため、文章を作成する感覚でコンテンツ作成することができます。

承認フロー機能

承認フロー機能

Webサイトなどのコンテンツは、上長や関連部署の承認を通してから世の中に公開される手順が多いと想定されます。
その際、CMSの機能にフローを設定する機能があり、どのような承認ルートを通って公開まで至るか設定することができます。現運用フローをシステム化することになるため、運用軽減の観点から重要な機能となります。

アップデート機能

アップデート機能

CMSは有償、無償に関わらず、新機能搭載時やセキュリティホール改善等でアップデートがされます。
このアップデート時に、サイトを停止して手動でアップデートを行うと、機会損失が発生してしまいます。
そのため当社では、自動でアップデートができる機能を持つCMSを推奨しています。

関連事例RELATED WORKS

クロス・コミュニケーションでCMSを導入いただいているお客様の事例や実績をご紹介します。
多種多様な業種のお客様のリアルな声をご覧ください。

サービスに関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ