WEB SITE OPERATIONWebサイト運用

こんな課題をお持ちの方に
  • Webサイト更新に手間がかかり、マーケティング戦略の立案に手が回らない。
  • Webサイトからの見込み客獲得/売上アップを目指したい。
  • 複数の制作会社や運用会社への依頼を一本化したい。
  • Webサイトに適切なKGI/KPIを設定してPDCAを回したい。

クロス・コミュニケーションの
Webサイト運用における強み

  • Webサイト運用をトータルサポート
    より良いWebサイトへ育てるために、更新運用だけでなく、SEOチューニング、ログ解析によるサイトヘルスチェック、クリエイティブのユーザーテスト実施によるUI改善、SNS等のデジタルメディア運用やO2Oマーケティングを実現するMA運用等、Webサイト運用をトータルでサポート致します。
  • マーケティング視点での再設計
    当社では、あらゆるマーケティングツールのノウハウがあります。既に導入されているツールでの効率的な運用サポートだけに留まらず、より効果をあげるための施策・再設計のご提案をすることが可能です。
  • 大手クライアント様との
    お取引実績も多数
    当社では、大手のクライアント様とも直接お取引をさせていただいており、導入事例が多数あります。安心して案件をお任せいただけるスケーラブルな体制が整っているため、大規模な開発も対応可能です。

Webサイト運用
サービス概要

Webサイト運用サービスでは、運用体制の現状をヒアリングし、効率的な運用体制・プロセス改善のサポートに加え、
Webサイトの効果を検証するための適切な指数設定とログ解析、Webサイトを育てるPDCA運用のご提案も可能です。
クロス・コミュニケーションでは、Webサイト運用ご担当者様の負担を軽減し、
上流工程へ注力していただけるような支援を致します。

サービス領域について

Webサイト運用のサービス領域は以下となります。

最適な運用リソースを提供可能

業務量に合わせた最適なリソース提供が可能

実際の仕事量が1.5人月の場合、自社でスタッフを抱えると業務のピークに合わせて人員を確保することから、リソースが余剰となってしまうケースがあります。当社では業の状況に合わせてユニットから作業メンバーをアサインさせるため、業務量に合わせてリソースを提供します。

業務処理能力の向上

作業成熟度が増して処理速度精度が向上

定型業務においては、業務内容の把握及び作業が習熟する事によって、作業処理能力の向上が図れます。

GoogleDataStudioによるアクセス解析データの可視化

サイトアクセス状況を簡単に可視化

PV数やセッション、流入状況などサイトのヘルスチェック項目であればGoogleDatasudioを利用して、お客様にも簡単に状況を把握いただくことが可能となります。
※KPIにおけるボトルネック改善などは、別途設定及び分析が必要となります。

WORKS事例・実績

クロス・コミュニケーションのサービスを導入いただいているお客様の事例や実績をご紹介します。
多種多様な業種のお客様のリアルな声をご覧ください。