SERVICE

Android App Bundle と
ターゲット API レベル要件について

対応の主な観点

2021年も、毎年継続しているターゲット API レベルのアップデートを行います。2021年8月からは新しいアプリで、2021年11 月からはすべてのアプリのアップデートでターゲット API レベル 30(Android 11)が必須になります。
さらに、今年既にお知らせしたように、新しいアプリは、Google Play で Android App Bundle 公開フォーマットを使うことが必須になります。
この形式により、アプリサイズは小さくなり、リリースが簡単になるなど、メリットを受けられるユーザーやデベロッパーが増え、最新のアプリ配信方法に対する継続的な投資をサポートします。

新しいアプリの要件

  • Android App Bundle 形式で公開する。
  • ダウンロードサイズが150MBを超えるアセットや機能は、Play Asset DeliveryまたはPlay Feature Deliveryを使って配信する。
    新しいアプリでは、拡張ファイル(OBB)はサポートされません。
  • ターゲットAPIレベル30(Android11)以上、および動作の変更点に対応する。
リリースの種類 変更前 2021年8月に必須
新規アプリ
Google Play 上
  • APK
  • ターゲットAPIレベルを29以上に設定
  • 拡張ファイル(OBB)
  • Android App Bundle(AAB)
  • ターゲットAPIレベルを30以上に設定
  • Play Asset Delivery または Play Feature Delivery

既存アプリのアップデート要件

  • 2021年11月より、既存アプリのアップデートでターゲットAPIレベル30以上およびAndroid11の動作の変更点への対応が必須になります。
    アップデートのない既存のアプリは影響を受けず、今後もPlayストアからダウンロードできます。
リリースの種類 変更前 2021年11月に必須
既存アプリのアップデート
Google Play 上
  • 新しい公開フォーマット要件はなし
  • ターゲットAPIレベルを29以上に設定
  • 新しい公開フォーマット要件はなし
  • ターゲットAPIレベルを30以上に設定

アプリ開発

クロス・コミュニケーションでは様々な業界での豊富なアプリ開発経験を元に、iOS(iPhone/iPad)、Androidなどプラットフォームを問わず高品質なアプリをご提供します。お客様のニーズに沿ったアプリを企画段階から参加し実現します。

サービス紹介へ

サービスに関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ