WORKS バレーボールチームサイト制作
日本たばこ産業株式会社様

案件概要OUTLINE

日本たばこ産業株式会社様|バレーボールチームサイト制作

スマートフォン変換サービスを利用して集客力が高い3サイトをスマートフォン対応

社名 日本たばこ産業株式会社様
http://www.jti.co.jp/
業種 製造業
業務内容 国内と海外においてたばこの製造・販売・研究を行っている。また、医薬事業では医薬の研究開発を行っており、飲料と加工食品事業ではおいしく安心してお召し上がりいただける商品を提供している。
URL JTサンダーズ
https://www.jti.co.jp/knowledge/thunders/index.html
JTマーヴェラス
https://www.jti.co.jp/knowledge/marvelous/index.html
ゴルフ日本シリーズJTカップ
https://www.jti.co.jp/knowledge/jtcup/index.html
導入したサービス

サイト画面DESIGN CAPTURE

▼JTサンダーズ JTサンダーズ アプリ画面
▼ゴルフ日本シリーズJTカップ ゴルフ日本シリーズJTカップ アプリ画面
▼JTマーヴェラス JTマーヴェラス アプリ画面

インタビューINTERVIEW

弊社が提供するスマートフォン変換サービスを導入して、既存Webサイトのコンテンツを元に、集客力が高く即時性の求められる男女バレーボールとゴルフの、計3サイトのスマートフォンサイトを構築させていただきました。
このサービスを利用してスマートフォンサイトを構築された経緯や、クロス・コミュニケーションを選んでいただいた理由、弊社がどのようなサポートをさせていただいたか等についてお話いただきました。

日本たばこ産業株式会社様

スマートフォン変換サービスを利用して集客力が高い3サイトをスマートフォン対応

「実績を聞いたとき、この会社に任せても大丈夫かなっていう最後の確信が得られました。クロス・コミュニケーションさんはコミュニケーションを取りやすかったので、安心してお願いすることができました。」

  • パブリックリレーション部
    • Webコミュニケーションチーム
    • 近衛 詩織様

※役職名・部署名は取材当時のものです

スマートフォン変換サービスのご利用について

インタビュー1

スマートフォンからのアクセス数が1年で約2倍増加したことでスマートフォン対応を決意

各サイトを、スマートフォン対応をしようと決めた理由を教えて下さい。
2011年から2012年にかけて、スマートフォンからアクセスしてサイトに訪れるユーザが約2倍と急増しました。そこで、Webコミュニケーションをより充実させていくには、Webサイトとフィーチャーフォンに加えて、スマートフォン対応のサイトが必要であると感じたためです。
アクセス比率を見てスマートフォン対応をしなくてはいけないと感じていたことに加えて、今回構築していただいたサイトは、ゴルフとバレーというイベント施策に紐づくサイトなので、いつでもどこでも見ることができる状態にしたいと感じていました。これらのサイトをスマートフォン対応することで、利便性の向上につながると考えました。
スマートフォンサイトへの対応はまだ早いのではないかといった、否定的な意見はありましたか?
スマートフォンサイトを作成すること自体に対しての反対はありませんでした。
しかし、JTWebサイトにおいて、スマートフォン対応は初めての試みだったため、対応後の効果や集客力を見込むことが難しく、企画に着手するまでに時間がかかりました。

スマートフォン変換サービスは、Webサイトとスマートフォンサイトを、一元管理できるところが魅力

今回スマートフォン対応を行うにあたり、スマートフォン変換サービスを検討した理由を教えて下さい。
最初からスマートフォン変換サービスを導入すると決めていたわけではなく、レスポンシブデザインや、ゼロから開発する案も検討しました。
他社の事例を聞いたり、説明会に参加したりとリサーチをして、弊社サイトはスマートフォン変換サービスが適していると感じました。
スマートフォン変換サービスに決めた理由としては3点あります。
1点目は既存Webサイトを有効に活用できることです。
2点目はWebサイトとスマートフォンサイトを一元管理できることです。弊社Webサイトは更新頻度が高いことや、既にしっかりと作りこんでいるということもあり、今後の運用を考えたときに、Webサイトとスマートフォンサイトで一元管理ができることが重要でした。また、Webサイトとイメージが異なってしまうのを避けたかったことも理由のひとつです。
3点目は短期で実装できることです。
最初にスマートフォン変換サービスの存在を知った際、どのような印象を持たれましたか?
一般的に抱かれやすいデメリットとしては、デザインの自由度が低いのではないかという声を聞きます。
そういった懸念はありましたか?
はい、その点は不安を感じていました。
本当にカスタマイズできるか、デザインの自由度が低いのではないか、といった不安はありましたね。
また、単純にWebサイトを変換するだけじゃないはずだと思っていたので、運用負荷はどれくらいかというところが気になっていました。

インタビュー2

開発実績を聞いて、この会社に任せて大丈夫だと確信

他社との比較をしている中で、クロス・コミュニケーションを選んでいただいた理由を教えて下さい。
他社に比べて、作業負荷が軽いこと、導入コストが低いこと、アクセスログを正確に測ることができること、アクセスが集中しても対応し得るインフラ環境が整っていること、実績が豊富である という点からです。
決め手は、担当の方の人柄や、頼もしいサポート体制、コストです。
あとは実績ですね。実績ってその会社の信頼を示すことにつながるので、過去の実績を聞いたとき、この会社に任せても大丈夫かなという最後の確信が得られました。人って大きいですよねやっぱり。本当にそう思いますね。
実際にプロジェクトを一緒に行ってみて、クロス・コミュニケーションさんはコミュニケーションを取りやすいですし、安心してお願いすることができました。

コミュニケーションをとりやすく、期待以上の手厚いサポートに感謝

プロジェクトの中で、クロス・コミュニケーションにどのような役割を期待していましたか?
Webサイトの特徴や各施策の特性への理解と、専門的な知見を活かしたアドバイスやサポート、スムーズな業務遂行を期待していました。
プロジェクトを進める中で、アクセスログを取得する際にとても助けていただき、本当に感謝しています。
また、特にこちらの要望に対するご提案が早く、かつすごく的確でした。サーバ設定までもサポートしてくれたことは期待以上でしたね。
スマートフォン変換サービスについて知見が全くない中で、初歩的な点から聞きやすく、噛み砕いて教えてもらい、大変助けられましたね。
プロジェクト完了後にクロス・コミュニケーションを選定して良かったと感じる点を教えてください。
スマートフォン変換サービスに関して知識が浅い中、基礎の基礎から教えていただき、HTML制作だけでなく、その他のサーバ設定などに関しても手厚くサポートしてくださったので、安心して進めることができました。
開発中は納期が短かったということで、もっと時間があったらこういうことができたのにと、おそらくクロス・コミュニケーションさんも感じていたのではないかなと思っています。そこの部分を今後は一緒に改善することができたらと考えています。
弊社はスマートフォンに関しての知識がとても乏しいので、専門家ならではのご意見もどんどんいただけましたら幸いです。

インタビュー3

スマートフォンサイトを構築することで、サイトが充実して、ユーザの利便性が向上

今回構築したスマートフォンサイトで特にこだわったところを教えてください。
ユーザにサイトを見て楽しんでいただき、何度も訪れたくなるよう意識して作りました。ユーザニーズに沿ったコンテンツ配置、直感的に見やすい・分かりやすいデザイン、使いやすいインターフェースの設計というところをこだわりました。
コンテンツ配置では、Webサイトで見られているコンテンツや、メルマガでよく読まれているコンテンツをもとにユーザニーズを把握しました。その上で優先順位をつけて表示させるようにしました。
スマートフォンサイトを構築したことで、どのような効果がありましたか?
ゴルフ日本シリーズJTカップサイト、JTサンダーズ・JTマーヴェラスサイトの、各サイトの充実化、ユーザの利便性が向上しました。
イベント会場の場所確認や、試合のスケジュール、スコア値など、いつでもどこでも確認ができるようになりましたし、実際に集客力が上がりました。

今後はスマホのプロフェッショナルとしての意見をもらい、さらなる進化に向けたサポートをお願いしたい

今後クロス・コミュニケーションに対して期待することを教えてください。
今後さらにお願いしたいところは、クロス・コミュニケーションさんにお願いしているコンテンツは、弊社が運営しているサイトの中でも集客力が高いコンテンツです。そのため、JTサンダーズ、JTマーヴェラス、JTカップ施策自体を理解してもらい、さらなる進化に向けたサポートをお願いしたいと考えております。理解が深まればより良いものが一緒に作れると思いますので。
コミュニケーション面といったところでは、十分満足しています。今年度は特に、もっともっとユーザビリティを意識したサイト改善をしていきたいと思っているので、よろしくお願い致します。

ご回答いただき、ありがとうございました。