VERIFICATION/TEST検証・試験

検証・試験

こんな課題をお持ちの方に
  • アプリやWebサイトの検証に時間・コストがかかっている。
  • 機種依存の不具合をチェックしたいが検証端末が足りない。
  • 自社でデバッグすることで起こる「慣れ」による見落しを防ぎたい。
  • 自社でのデバッグリソースでかかるコストを見直したい。
  • 検証・試験の実績が豊富な会社に依頼したい。

クロス・コミュニケーションの
検証・試験における強み

  • 幅広い検証デバイスを保有
    PC(OS/ブラウザ)、モバイル端末(携帯電話、スマートフォン)に限らず、ゲーム機など多環境、多端末での検証・試験に対応することが可能です。
  • 高品質を担保する
    豊富な検証実績
    極めて高い品質が求められる金融業界向けのアプリケーションや、パフォーマンスが重要視される大規模会員サービスなどの幅広い検証実績を有しております。
    経験豊富な当社のテストエンジニアにて、試験計画の策定から設計、試験項目作成など上流工程からも協力することが可能となります。
  • 検証・試験コストの最適化を実現
    他企業様の場合では、検証・試験リソースのご提供は人月単位となり固定費となることが多いですが、当社では人日単位でご提供が出来るため、検証・試験リソースを変動費とすることが可能です。
  • 他の業務と組み合わせた
    柔軟なご提案が可能
    課金コンテンツや会員制コンテンツなどで迅速な対応を求められるコールセンター業務や、問い合わせなどで発生する不具合などの検証業務も組み合わせて、ワンストップでのサポート体制構築が可能です。その他、キッティング業務など様々な業務を一気通貫で対応する体制のご提案が可能です。

検証・試験
サービス概要

 検証・試験サービスでは、品質を担保する上で重要となる、経験豊富なテスターや
数多くの検証端末などのリソース不足に対してソリューションの提供が可能となります。
クロス・コミュニケーションでは、850機種、2,800台以上の端末にて、年間11,000時間以上の検証実績を有しており、
豊富な経験に裏づけされた高品質な検証を行うことが可能となります。
数多くのアプリケーションの検証実績を持つテスターにて、利用者目線に立った効果的な検証を行うことで、
不具合やユーザビリティの悪さを改善し、高品質なアプリケーションの提供をサポート致します。
また、人日単位にて必要なタイミングで必要なリソースをご提供することができるため、
コストマネジメントの最適化にも貢献致します。

検証・試験のサービス領域について

検証・試験サービスにおけるサービス領域は以下となります。

脆弱性テスト・負荷テスト 脆弱性診断 Webサイトやスマホアプリに対して、様々な視点からのセキュリティ診断を実施して、お客様のサービスのセキュリティ品質向上を支援します。
システム負荷試験 最大アクセス数確認などのパフォーマンステストを行います。お客様のサービスの特性に合わせて、計画の立案から実施、分析までをワンストップで提供します。
テスト計画・テスト設計 テストコンサルティング お客様のサービスをよく理解して、特性に応じた最適なテスト方針を立案します。さらに、要件定義書からテスト実施計画策定、システム設計書からテスト項目の作成を行います。
多端末・新規端末テスト 多端末試験・多環境試験 テストサービス最大手の株式会社デジタルハーツ様と連携をし、複数の端末や環境でテストを行います。新端末の発売やOSのアップデート等のタイミングに応じて定期的なテストを実施することも可能です。
結合試験・総合試験、回帰試験 各種、試験仕様書に沿った試験を実施します。
ユーザビリティテスト ユーザーテスト アンケートパネルを活用したユーザビリティテストを実施します。
クリエティブテスト アンケートパネルを活用したA/Bテストを実施します。
他対応 ローカライズ(カルチャライズ)テスト 各国の言語に対応したローカライズ(カルチャライズ)テストを実施します。

検証・試験サービスのプロセス

以下の流れで高品質の担保を実現致します。

Step1.検証計画
概要:要件定義書、各種仕様書などからテスト計画を策定します
インプット
  • ・機能一覧
  • ・各種仕様書
  • ・マニュアル
アウトプット
◆検証計画書
Step2.検証設計
概要:ソフトウェアの特徴を意識し、どのようなテストを実施すべきかについて設計を行います
インプット
  • ・機能一覧
  • ・各種仕様書
  • ・マニュアル
アウトプット
◆検証設計書・検証項目書
Step3.検証実施
概要:テスト項目書を作成してテストを実施します
インプット
  • ・機能一覧
  • ・各種仕様書
  • ・マニュアル
アウトプット
◆検証結果報告書
Step4.結果・レポーティング
概要:テスト結果や傾向を取りまとめ、今後の開発の指針とできるようなレポートを行います
インプット
  • ・機能一覧
  • ・各種仕様書
  • ・マニュアル
アウトプット
◆検証結果レポート

※上記ステップでテストを行いますが、特定のプロセスのみ(テスト実施等)も可能となります。

関連事例RELATED WORKS

クロス・コミュニケーションの検証・試験サービスを導入いただいているお客様の事例や実績をご紹介します。
多種多様な業種のお客様のリアルな声をご覧ください。

サービスに関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ